2010年8月30日月曜日

生まれて初めて書評していただいた!

5月の文学フリマでお隣だった「浦橋天地堂」さんのブログで、
「プラズマッ!」を書評していただいているのを発見しました。

人の身の限りを思ひ日々綴る(プラズマッ!)

こうして真摯に書評していただくこと自体が初めてで感動的なうえに、
書いている自分が気付かなかったことを客観的に示していただいて、
大変勉強になる、
というか、感激した、
というか、正直、号泣したというか、
とにかく、書いて良かった! 文フリ参加してよかった!

本当にありがとうございます。

以下引用


決して深刻な悩みではないが、平凡な日常に対する鬱屈は存在する。そのような緩やかな不満は多くの平均的な日本人が抱いているものだと思います。(中略)ほとんどの現代日本人の生活に激痛はない。しかしそこに鈍痛はあるわけです。(中略)『プラズマッ!』はそのような平均的日本人の鈍痛を描いた作品であると僕は感じました。


僕はこの部分を読んで、震えましたよ。
こんなに真摯に、丁寧に分析していただいているという。
「激痛ではなく、鈍痛」というのは、
確かに無意識にずっと描き続けていたテーマでした。
あと、もう一ヶ所引用。

『プラズマッ!』の文体には真剣な雰囲気がなく、くだけていてふざけたような雰囲気が漂っているのですけれども、そのような真剣さ、深刻さの欠如こそトーキチが平均人としての幸福を既に得ていることの現れなわけです。古典的な文体を排したことは、願いが叶わない現実に対するトーキチの深刻な認識の欠落をよく表現するものとなっていると思います。
もっとも僕がこだわりを持っている(持ちすぎて自縄自縛のきらもある)
「軽薄な文体」に対しての、なんて的確な理解!


こうして、自分の作品が書評される快感を知ってしまった僕。

その快感が忘れられず、また書いてしまうだろうという予感。

出口の見えない文芸沼に、また深く嵌まってしまった気がします。





ちなみに「イエローカード」も批評して下さっているのですが、

人の身の限りを思ひ日々綴る(イエローカード)

こちらは辛口。
というか、「全部バレちゃってるわ、へへっ」という、
沸朕杯のメンバーが誰しもが認めるであろう「大きな欠陥」を、
見事に指摘していただいております。

以下引用。

軽く自殺する気になり、軽く自殺を止める、という感じで、「死」という巨大なテーマが軽い問題になっているような印象を受けます。ストーリーも単調で、小説『プラズマッ!』に比べて作品の広さも深みも欠けている感は否めないです。

ご指摘の二点(死が軽い、ストーリーが単調)に関しては、
フィッシュと何度も検討して、

死が軽い問題には、「そんぐらい死が軽いのが現代なんだ」という理屈、

ストーリー単調問題は、「編集マジックで捩じ伏せよう」

ということで誤魔化したつもりだったのですが、
やっぱりバレちゃうものですね


ともかく、浦橋天地堂さま、ありがとうございました。








































先週、江ノ島に行った時のケニーロ。

ベビースター ON 乳頭!

2010年8月29日日曜日

福満しげゆき「うちの妻ってどうでしょう?(3)」


そもそも、
その作者が好きだから読んでいるのですが、

ときおり作中に
「伊集院のラジオ聞いてる」的なところあると、
もう完全に
「この人は信頼できる人」
「この人は決して僕を裏切らない」

などと根拠なく思ってしまうのは、なぜでしょう。

僕も同じリスナーだから、という共感だけではない、

何かがあると思うんだけれど。










「僕の小規模な失敗」以来、どっぶりファンですが、
妻ネタ、コネコネ社会ネタ、編集者イジリは、もはや名人芸!

今回の「不景気な時代のグラビアアイドルと芸人」は特に秀逸!

そんで、相変わらずの「妻」のかわいさ、ったらない。
 子持ちになって、また一層、キュート。

 一体、なんであんなにかわいいんだろう、
 髪型かな、服のシワかな、擬音かな……色々と考えてしまう。




山口晃「すしろ日記」






















本職は現代アートだけど、漫画エッセイもできるんだぜ、

という姿勢では、決してない! 傑作!!





久保ミツロウ「モテキ(1)」


















土井亜紀!! エロいよ!!




以上。

2010年8月15日日曜日

帰ってきたよ、トキオ

軽井沢での一週間。

ネット環境がなく、
本も読まず、
ラジオも聴かず、
新しい音楽も聴かず、
雑誌も読まず、
映画も観ず、
日常で依存している「新しい情報」を遮断した生活で分かったこと。

インプットが遮断されることで、
アウトプットに専念できる。

だから、小説を書くにはとっても良い環境でした。

自分の中で熟成されたものの上澄みを、丁寧にすくっていけた、というか。


去年までは、
堀辰雄、室生犀星、立原道造とかの「軽井沢ゆかりの小説」を、
無理やり読んだりしたのですが、

やっぱり、軽井沢小説は軽井沢で読むもんじゃない。

タイに旅行に行って、わざわざ三島の「暁の寺」読まないのと一緒で、


やっぱり、そういう舞台小説って「行けないから、読む」ものなんだろう。

都会で生活して、

心がすさんで、

ストレスたまって、

現実逃避が必要になった時に読むものかな、と。

田舎ぐらしを夢想するOLみたいだけど。



以下、雑記。


【軽井沢現代美術館】



奈良美智、草間彌生の作品が充実していた。

軽井沢で彼らの作品に出会えるとは思ってもみなかった。

イサムノグチの油絵なんていう、かなり珍しい作品もあって、
現代美術が好きならば、絶対に満足できるでしょう。

そしてまた資料コーナーが、マジ充実している。

センスのいい美術好きの人の家の本棚のよう。

マティスの「JAZZ」って、実際、手に取って見たのは初めてだ。



ちなみに千円の入場料で、最後に信州りんごジュースが飲める。





【上田市(サマーウォーズ)】


上田市はサマーウォーズの舞台。

去年、サマーウォーズのロードショーもここにある映画館で観ました。

一年経っても、街中のいたるところに、サマーウォーズ。

サマーウォーズ目当ての観光客も、かなり多かった。

細田守監督のサイン色紙が別所温泉にあった。





【室生犀星の文学碑】 
旧軽井沢の川沿い。

ここに遺骨が分骨されています。

別荘も近くにあります。

旧軽井沢の写真館では、氏のブロマイド(?)も買えます。

ちなみに、何年か前に「愛の詩集」の復刻版を買ったのですが、
今は実家においてあります。

ちなみに、萩原朔太郎の
「月に吠える」「虚妄の正義」「猫街」
は今でも本棚にかざってあります。




【ヤッホーブルーイング】 

よなよなエールでおなじみのビール会社兼工場。

ケニーロとフィッシュのお土産に、2010年限定ビールを購入。(メンバー思い)




【ドメイヌ・ドゥ・ミクニ】








ミクニ料理が超絶なのは言うまでもないので割愛するとして、
(ex 海老蔵の披露宴)

コルビジェの弟子、坂倉準三の歴史的建造物
(世田谷から軽井沢に移築)

の中で食事ができるという体験自体が、

建築ファンとしては最高にうれしい。



佇まいは和風だけど、実際は超モダン。
しっかりとコルビジェ・イズムが貫かれている。

大きな回転窓
天井の高いリビング(暖炉つき)
中二階へのアプローチ
外と内の境目を絶妙にぼかす縁側

すべてが計算しつくされた空間。

こういうのを本当の「和モダン」って言うんだよ!

居酒屋、ホテル、テレビ局、OLは、気安く「和モダン」を使うなかれ!

2010年8月10日火曜日

軽井沢

金曜から軽井沢に来ています。
涼しくて、特に朝が寒いくらいで、
鼻水ずるずる、お腹ピーピーです。

時間にゆとりがあるためか、
三ヶ月ぶりに執筆に取りかかることが出来ました。

小説を書くようになってから五年くらい経ちますが、
今回からようやく
「自分のスタイル」みたいなものが見えてきた気がします。

それが他人に伝わるかどうかはまだ分かりませんが、
自分的にはかなり興奮しています。


また、今回、過去の自分の小説を読みなおしているのですが、
(もちろん、赤面and絶叫しながら)

ある時期は「読者モデル」に噛み付いてみたり、

ある時期は「郊外のファスト風土化」を憂いてみたり

ある時期は「軽薄な文体で、薄っぺらい事を書くのか、逆にリアル」だと思っていたり、

とまぁ、色々と施行錯誤をしているのだけれど、それがことごとく失敗していてガックシ。
理屈的にはあってるかもしれないが、小説としては間違ってる、というか。
全然、自分らしくない、というか。

今になって思えば、
「小説を書きたい!」という初期衝動が薄れていくにつれ、
それを理屈で埋めようとしていた=理屈で小説を書こうとしていた、のだと思います。
理屈なんて、大嫌いな性格なのに。

まぁ、とりあえず、
今回の軽井沢は、
自分にとっての小説のありかた
を考え直すいい機会になりそうです。
これからは
もっと直感的に、
もっと感覚的に、
もっとファンキーに作品を作っていきたいものだ、
そう願う深井デサルサでした。
土曜にはトキオに帰ります。

最後に、クレイジーケンバントの横山剣さんのブログより引用させて頂きます。

「CKB音楽制作の決まり」

まずは「直感」に任せてやる。
意味はあとから付いて来る。
だから、先に意味について考えたりはしない。

そうするといつの間にか楽曲様がヌルヌルっと出て来る。
あとはヌルヌルっと出て来た楽曲様の言いなりになれば、
ちゃんと着地すべきところに着地できるシステムとなっている。

歌詞は勝手に自分で考えてはいけない。
楽曲様の指し示すメロディーがそのままIDになっているので、
そのIDをブレなく解読し、歌詞として翻訳するのである。

ここで小賢しい勝手な解釈や、
釈迦に説法のような本末転倒があってはならない。
それをやるとたちまちに本質が飛散してしまい、
圧縮感がゼロの退屈な音楽になってしまう。

決して一発のインパクトなんかではなく、
漢方のようにあとからあとから効いてきて、
それが全身全霊に拡散し、全体を良い湯加減にて温める。
それが楽曲様、もといSOUL電波の本質なのであります。

いや、良くわからない。良くわからないんだけど、
そう考えた方がヤル氣が出るんですよ。