2010年7月24日土曜日

フィッシュが魚を釣ってきた



フィッシュがイワナを釣ってきてくれた

ベリベリ美味かった!

2010年7月18日日曜日

ウィリアム エグルストン:パリー京都

品川の原美術館で、
「ウィリアム エグルストン:パリー京都」
を観てきた。





















落書きされた壁、
車の窓に映りこむ街路樹、
飲み終わった紙コップ...


普段、見慣れている街のディテールが、
まるでグラフィックデザインのようなすっきりとした構図におさまり、
とてもカラフルで幻想的な夢を見させてくれる。

そういった作品の連なりに、
自然とうっとりとしてしまった。


うっとりし過ぎて、
気づけばオシッコを漏らしていた。

暑さにかまけて、ビールを飲み過ぎていたからかもしれない。

ビールの美味い季節なんだから、しょうがない。

とまれ、そんなにメジャーな展覧会ではないのに、
三連休の中日だったからなのか、結構な満員。
人が多くてビックリした。

ちなみに、
美術館の玄関横に、
まるでそれも一つの作品の様に
ピンクの電話が残存していて、

FUCK'N ノスタルジック!!!

2010年7月16日金曜日

そろそろ書き始めたいな・・・

暑けりゃ暑いほどコンディションが良くなる、
という夏生まれ&低体温の自分としては、
このギラギラ太陽のシーズンは、
例年、小説を書き出す、
もしくは書き出すキッカケとなる作品に出会う時期なのですが、
どうもそういう感じにならない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私こと深井デ・サルサは5月の「プラズマッ!」脱稿以来、
創作活動らしきことからは、さっぱり遠ざかっております。

休日はもっぱら新居のインテリア周りをいじくる、
ないしはKAOSS PAD3というエフェクターをいじって、
例えば桂文楽の「明烏」という落語と四つ打ちハウスのビートをミックスしたものに、
さらにディレイをかけると、
(自分的に)人類史上最高に気持ちイイ音楽=合法ドラッグじゃねえか、これ! おい!
なんて一人悦に入っている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私こと深井デ・サルサは、
先週は沸朕杯メンバー+αと我がマンションでホームパーティー
という名の「覗き見大会」、









































今日は渋谷BUNKAMURAのドゥマゴ・パリ祭で脳内トリップ、


















その後、日比谷に赴き、
高橋コレクションで
を鑑賞、


お察しの通り、
もっぱら受信行為ばかりで発信行為からはさっぱり遠ざかっております。

山口晃の作品(実物!)からインスピレーション(ていうかモチベーション?)
を得られるかも・・・なんて思っていたものの、フツーに感動して、
特に一番の収穫は、UFOのジャケの原画(↓)


原画の上に、画伯直筆のレコードジャケットの展開図が書いてあって、
「ああ、この作品はレコードジャケット用に書き下ろしたものだったのか!」
って発見して・・・って、実際みないと、よく分からないですよね、スミマセン。

ということで、
「早く小説を書き始めたいな、キッカケがないか」
とアンテナをはってはいるんですが、
どうもうまくいかない今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

私こと深井デ・サルサは、ケツの割れ目をほじっていたら、なんと穴が開きました!

2010年7月14日水曜日

ボンベイ サファイア




僕はワインを除いた洋酒が苦手である。とりわけカクテルなどどはほぼ無縁である。


そのためオサレなクラブ等に遊びにいっても、「黒霧下さい!」などとゆっては隅のほうで焼酎をすすっているのが常である。


そんな僕も夏になるとつい思いだして買ってしまうジンがある。ボンベイサファイアである。


なんだか薬草みたいなおいにぃが結構強くて、初めて飲んだ時はクッサッまじで!ってかんじだったけど、ボタニカル?やなんやらのくさくさ具合が夏にはすごくいい具合なのである。

2010年7月7日水曜日

タイコクラブ



こないだタイコクラブへいってきた。

自然と音楽とお酒に本当に僕の大好物ばかりに囲まれていたのだなぁ、

余計なものがなんもないのだなぁ、とYouTubeで思い出散歩してたらちらりと俺発見!







ゆらゆらしてるな~