2010年6月26日土曜日

アジアの熱帯夜

昨日は沸朕杯の会議でした

タイ料理屋、銭湯、水タバコ屋、シタールのあるバーと、
アジア濃度100%な店をハシゴしながら、
沸朕杯の方向性を探ること8時間、
フィッシュとケニーロの大喧嘩&涙の仲直りを経て出た結論としては、
フィッシュ「ケニーロさん、オレ、オレ、、、」
ケニーロ「何も言うな、黙ってオレのケツにインサート、プリーズ!」
フィッシュ「Yes!!!」
ケニーロ「Come on!!!」
フィッシュ「Oh Yes!!!」
ケニーロ「Baby!!! Come on!!!」
で、ものすげー青姦@下北沢の路上、深夜2時

2010年6月19日土曜日

父の日、泥酔の父






結局、酔っ払いが一番ILL!!

2010年6月13日日曜日

北野武「アウトレイジ」
















なにが最高って、セリフが「このやろう!」「バカやろう!」ばっか!

予告編どおり、大勢の出演者が、大声で罵倒しっぱなし!




もう観てるうちに、耳が「バカやろう中毒」になっちゃって、



「もっと『バカやろう』を頂戴!」

「早く『このやろう』をギブミー!」ってなる



タランティーノ映画やギャングスタ・ラップを聴いていて

「もっと『Fuck』を頂戴!」ってなるのと同じ感じ

サミュエルLジャクソンが他の映画に出てても、
「早く『Mother Fucker』って言って!」ってなる、みたいな



とにかく、ああ、楽しかった!

「バカやろう!」「このやろう!」を聴きに、もう一回観に行きたい




タランティーノ「レザボアドッグス」
(劇中での「Fuck」使用回数は250回以上)




NWA「STRAIGHT OUTTA COMPTON」
(もはや「Fuck」と「Mother Fuck'n」は枕詞)

暑けりゃ暑いほど、調子がいい


冬やら秋やら春やら、結局は寒い=憂鬱な季節が終わり、
やっとこさ鬱から躁にスイッチできる


コンランショップも夏一色でした

2010年6月9日水曜日

Erykah Badu - Window Seat


なんてセンスいいの!

こうやってErykah Baduが(Maxwellも)頑張ってんだから、
早く、というか、いい加減ディアンジェロに新譜を出してもらいたいものです。
セカンドアルバム「Voodoo」が2000年だからもう10年以上待ってることになる

2010年6月4日金曜日

Can't Help Falling In Love****スクラッチ




尾崎紀世彦、マジ唄が超絶的にうまいんですけど!
そしてチェブラーシカ、超人的にカワイイですけど!
ファックU!!!!